スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | Edit

ようこそ 小毬ちゃん

初めまして、 小毬(こまり) です。
こまり2



もうすぐ8歳になります。 繁殖引退犬です。
こまり3



4月9日、縁あって我が家にやってきました。
こまり1




スポンサーサイト
スポンサーサイト
2013.04.13 21:12 | Comment(16) | Trackback(0) | 家族 | Edit

虹の橋の幻想

虹の橋というのは、犬飼いの間で語りつがれて、、
「虹の橋へ」と言えば 亡くなったこととしてすっかり定着しています。

ペットを亡くした者は
虹の橋の存在を信じることでで 救われる 安心する
心の拠りどころ 一種の宗教かなぁ

のん母ものんがなくなった日のブログには迷わず「虹の橋」と言う言葉を用いましたが、
あとで読み返すとちと恥かしい

しばらくすると、
そんなものはない、なくてもいいんじゃないか、なんて思うようにもなり
のんは、体はなくなっても、私たちの側にいる、それでいいんじゃないか って。

でもまた
気持ちはくるくる変わります。

今は
やっぱり虹の橋はある、 
いつか こうして会えると信じたい

虹の橋の幻想


これって虹の橋?・・クリックしてご覧ください 是非!
 ↓

陽のあたる広場で


このムービーは2002年夏にHPで公開しています。
5歳の誕生記念に作ったものです。
虹の橋のことなど 当然まだ意識しておらず、
今見ると、びっくり



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2013.04.10 21:40 | Comment(14) | Trackback(0) | 家族 | Edit

鬼の居ぬ間に

のん母の母(ややこしいな)は13年前の3月29日に亡くなりました。
のん母 看病のため3週間ほど 遠方の実家へ行っていました。

ご近所の犬仲間に
「どうしたの、いつもきれいにしてるのに 毛がボソボソになっちゃって、ションボリして。」
と言われたそうです。
それは、のん父さんが、喚毛期の柴犬のブラッシングを てきとー にしたから。。
ションボリ見えるのは、・・まぁ、だいたいそんな犬です。
いつもきれいにしていたのは のん母は 少しの抜け毛も残さんゾ、と 熱心に毛をむしる
ていうか、お手入れ大好きだったの。

のん的には、あまりかまわないのん父さんとの生活、羽を伸ばせてよかったのではないかしら。


6年前の7月には、のん母は一週間ほど簡単な手術で入院しました。
のんの世話にあれこれ細かい指示を出していきました。

梅雨時でしたが
多少というか、かなり濡れても のん父さんならゴシゴシ拭かないし、
だいだい、普段から家に上がる時の足拭きもパスだし、
やっぱり うるさいのん母がいなくて 伸び伸び?

しかし
その年の梅雨は悪天候が続き、入院中も激しい雷雨の日が多く、雷を恐がるのんが気がかりで仕方ありませんでした。

のん父さんに聞くと
いや、別に平気だよ、玄関で大人しく寝ているよ
・・・・本当か?

のん父さんは細かいことは気にせずどっしり構えているから、安心だったのかな
のん母は雷が鳴ると、いつもドキドキしてた。
のんパニックになると思って
そんなドキドキがのんに伝わってたんだよね きっと


もしかして、
のんはいつも私を守ってくれていたのかな
そういえば 雷の夜、寝ている私の蒲団の周りをハァハァ言いながらグルグル周ってたね
あれは自分が恐いからでなく いや恐くても勇気をふりしぼって のん母の周りを警護していたのかなー


どっちにしても だめだなー のん母


結局 のんにとって のん母は
鬼だったのか 守るべき弱者だったのか のんに聞いてみないとわからないねー




ねぇ、のんちゃん、あの時はどうだったの 本当はどう思っていたの? って

聞いてみたいこと、 いっぱいあるよ



留守中、二人でこんなことして遊んでたのかな?
見てネ

寝起きドッキリ



のん父さんとの散歩
130405nikki.jpg

のびのびして
130405ikki2.jpg

楽しそう
130405nikki3.jpg





本当の気持ち?
・・聞かない方がいいかもヨ
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村


2013.04.05 21:44 | Comment(4) | Trackback(0) | 家族 | Edit

庭で一緒に

一昨日の
覗く犬
では、庭から飼い主を呼ぶ のん のことを書きました。


のん母が庭仕事をする傍ら、


幼のん お手伝いのつもり? シャベルを破壊
ガーデニング講座2
顔はオヤジっぽいですが、やることは無邪気(7ヶ月くらいです)


庭掃除の手を止めて
ガーデニング講座1


庭にはまだのんがいた跡があちこちに残っています。

穴を掘って窪んだ砂場
よく歩いたところは、地面が固く、まだ草がはえてきません。

穴を埋めたくもないし、

草取りをしたら、
のんが歩いた跡が 分からなくなってしまう


庭に出ても 一人だとつまらない。 張り合いがない

草むしりも 片付けも やる気が起きないよ


一緒に居てほしかったのは、心強かったのは 飼い主の方。




今日は 庭にちなんで のんちゃんが 素敵な春の花壇を案内します。

クリックして、ご覧ください
 ↓
春の夢


のん父さんがスライドショーを作るとき、のん母は横から ああでもないこうでもない、と口出ししておりました。

BGMを聴いて、題名は 絶対にこれがよい、と言いました。








「Ⅹジャパンのガーデニング講座」



いい訳してないで、
暑くなる前に片付けなさいヨ
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村


2013.04.02 15:41 | Comment(4) | Trackback(0) | 家族 | Edit

人間の都合 桜のスライドショー

私には、家族がいます。

夫、二人の子供、そして義父母(義母は昨年6月他界)

仕事も(一応)しています。


一昨年~昨年ブログを休止しておりました。

仕事上の新しい展開による多忙、それともなって受けた資格試験に運良く合格、終日の実務研修が続いたこと。

家族のことでも大きな変化、仰天するような事件などいろいろありました。

最も長期に渡ったのは
高齢の義父母が相次いで入院、療養、 介護が必要な状態になったことでしょうか(今も進行中)

家を空けることも多く、のんと過ごす時間は少なく、世話は最低限・・短い散歩と給餌のみ・・の日が続いたりもしました。

犬のことよりは、人間優先、仕事優先でした。
致し方ありません。

のんは なんの不満も言わず、庭でじっと待っていました。
少し老化を感じさせはしましたが、大きく体調を崩すこともありませんでした。

130325nikki2.jpg


ようやく暮れから義父の容態も安定したころに、のんは具合が悪くなり、2月初めに寝込むこととなりました。

亡くなるまでの一ヶ月は、のん父さんの頑張りのおかげもあり、のんの世話に専念させてもらえました。

年度末に期限のせまった仕事がたまりにたまって焦りが出始めた 3月初めに

のんは亡くなりました。


まるで 「さあ、お母さん、私のことはもういいから、もうそろそろ仕事に取り掛かりなさいよ」と いうように。


そのときは致し方ないと思っていたけれど、今思えば、
今年こうなることがわかっていれば、もっとのんをかまう時間をつくれなかったか・・

なんとかならなかったのか

もっと前に、もっと前から と

遡って考えてもキリがないことだらけ。



桜の季節ですね

桜のスライドショーです

ニッポンの犬

恐れ多くも 岩合さんの写真集のタイトルでございます。
近場の公園ばがりでの撮影、フォトレタッチでリード消しまくり 
で 何を言う! ですが、


2010年からは、のんと桜の写真もありません。

2009年 桜の散りかけた公園で。
130325nikki.jpg



お父さん、お母さん 
ゆっくり桜でも見に行きなさいよ。
私も一緒だよ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2013.03.25 21:46 | Comment(10) | Trackback(0) | 家族 | Edit
«PREV | PAGE TOP |  NEXT»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。