スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | Edit

こまりごと?

小毬ちゃんのブログ、始めました。

こちら⇒「今日のこまりごと」




のん姉さまの庭に出してもらいました


もうすぐ、バラの「琴音」も開きそうです。
130423non.jpg
こまりごと? 困ったことなんてあるの? 
そちらのブログでも ワタシの時以上に親ばか炸裂すればいいだけよ






小毬ちゃんのブログも
どうぞよろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
スポンサーサイト
2013.04.23 22:09 | Comment(2) | Trackback(0) | 健康 | Edit

訂正

先日の
お詫びです
に コメントを寄せてくださった ひよまん。さん のご指摘で
のん母 また とんでもない勘違いをしていたことが分かりました。
 
突発性前庭疾患」
ではなく
特発性前庭疾患」
でした。

以下 ひよまん。さんのコメントより 引用
【特発性】特別な原因が見当たらないのに発病すること。原因不明な。
【突発性】突然発生すること。

意味は特発性の方ととらえていたのですが、
「とっぱつせい」で変換していました。
「とくはつせい」ですよね。。。

ご指摘を受けて、早速訂正いたしました(まだ漏れがあるかも)


無知の上に、はやとちりや勘違いも多いのん母です。

このようなご指摘はとてもありがたいです。

ひよまん。さん、感謝です!


皆さんも気が付いたことがあったらどんどん言ってくださいね~
2013.03.19 19:12 | Comment(4) | Trackback(0) | 健康 | Edit

お詫び です

この度の のんのことで

前庭疾患(特発性前庭疾患)という言葉を再三使ってしまったことをお詫びいたします。

のんの場合
脳や全身状態などの詳しい検査も行っておらず、
年齢的にも 様々な要因が組み合わさっていたことが考えられます。


発作の頻度も、
年末から2月初めまでの間に 5回 と とても高く
それもまた やはり他の脳疾患などを疑うケースであったでしょう。


そういうわけで 
これまでの記述で前庭疾患が強調されてしまったことは とてもよくないことでした。


のんの様子を端的に説明する良い言葉が見つからなかったのですが、

言うならば
 「なんちゃって~」「~もどき」

・・・ふざけてもイケマセンね。




前庭疾患を経験されて、順調に回復に向かう途中であったり 今は元気に過ごしている犬さんたちも沢山います


予後が悪く、恐ろしい病気であると誤解を招き
いらぬ不安をあおるような書き方であったと、反省し お詫びいたします。





あらためて、声を大にして


前庭疾患が直接の原因となって命を落とすことは、まずありません





といいながら
この記事の中にも何回使ってしまったことか・・

ネガティブな情報ほど拡散されますから、気をつけねばなりませんね。


深く反省しております
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村



2013.03.18 09:23 | Comment(2) | Trackback(0) | 健康 | Edit

倒れてからの記録

のんが倒れてからのことを
時系列に添って書いていきます。

2/5
昼に帰ると、窓際のカーペットにウンチが。
離れたところで 眠っていた。
今思えば 散歩が待てず粗相をすることはまずないのんが そういうときは、暮れから繰り返す前庭疾患後。
留守中軽い発作が起きていたのか?
夕方は普通に散歩。
食事も普通。
まったく元気に見える。


2/5夜の写真です
サークルにいれても  
前夜1
 まだ眠くないよー


食事中の私たちを ガン見
前夜2
 何食べてるデスか のんにも頂戴よ
この後、サークルから出して、おやつを食べる。




2/6
朝散歩、わずかに動きが悪いような気がするが、排便排尿する。
昼、発作。夕方ふらつきながらも空き地で排尿排便。
食欲なし。
夜また発作。
激しくもんどりうって倒れ、放っておくと釣り上げられた魚のように床で暴れ、危ない。
落ち着いてから、サークルで休ませる。
夜中にも発作。
排便したもので体や足が汚れ、特に肉球にめり込み、ぬぐっただけでは取れずに やむを得ず風呂場で足を洗うことに。

2/7 
発作時以外は全く目を覚まさない。朝一で獣医さん受診。
車後部座席に毛布をいれた箱を積んで、その中にいれるが、ともすれば発作のため飛び出しそうになる。
医師は眼振を確かめ
『前庭疾患ですね』
すぐさま皮下点滴 ステロイド、ビタミン投与

次回は一日置いて2/9の指示

前庭疾患の発作はほぼおさまったように見えるが、まったく目を覚まさない。

2/8
やはり目を覚まさない。
排尿は寝たまま、何のサインもなくオムツの中にしてしまう。



この3日間の
寝ている様子は普段の寝姿とは明らかに違っていました。
首ががっくり落ちて、抱き上げてもダランとして、犬のからだというより、砂袋を持ち上げているようでした。


↓「追記」に写真を上げておきます。
私は、過去にのんがとても困っていたり怒っていたり恐怖や悲しい状態であったりするときの写真はほとんど撮ってません。
撮ることができない。
しかし、このときはなぜか残しておかねばならないような気がして、シャッターを切りました。
当然気持ちの良い映像ではありませんので、お断りしておきます。



にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村




2013.03.13 21:59 | Comment(4) | Trackback(0) | 健康 | Edit

パンダ修行

呼吸がちょっと苦しくなってきて 
横になっているのが 心地悪そうな のんちゃん。



そんなとき 人間なら


起坐(きざ)呼吸


でしょう。


心不全や喘息の方が、発作時などに呼吸を楽にするために、上半身を起こした姿勢(起坐)を取ります。



犬の場合も 水平になっているよりは、たて気味にしてやると

とりあえず 楽になるようです。




のんちゃんも

パンダ座り
 が 上手にできて 

自分で 起坐呼吸をしてくれると よいのですが・・



せめて、しばらく抱っこしたり

クッションで胸から上を高くしています。



こんな うつ伏せ姿勢も ちょっと楽になるようです。 長い時間は無理だけど。
0301 クッション寝





今年 1月25日  近年では 珍しい オスワリ画像
起坐 のん
   貴重 ですよ


ここ1,2年は オスワリ姿勢を保つのが難しいらしく、

寝る体勢に入る前、と 起きたときの数秒 しか 見られなくなっていました。

もちろん、食前の「オスワリ、マテ!」も ずっと省略でした。



パンダ修行中の 
のんちゃんを 応援してね
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村
2013.03.02 15:33 | Comment(4) | Trackback(0) | 健康 | Edit
«PREV | PAGE TOP |  NEXT»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。