スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | Edit

うどんこ退治に忙しい

プロスペリティ
090420pro.jpg
蕾も多いが、うどん粉も追いかけるように増える増える。


そこで、

蕾の下部分や茎には、

「イソジンガーグル」を3倍に薄めたものを 塗り塗り。

これは、「バラの診察室」でおなじみ Dr.真島 方式です。

確かに 効きます。

効きますが、とても面倒です。 



今日は曇り。明日は雨かな



晴れた日の のんちゃん。
090409non.jpg
上手に日陰に入っているでしょ。


今日、また耳の処置に行ってきました。

これまでにないほど 汚れがゴボっと出ました。びっくりしました。

別に痒がってもないし気にしてないようなんだけど。
う~む・・・

まだ しばらく点耳です。

また10日後に受診予定。



そうそう、点耳薬には、抗菌剤、抗真菌剤、ステロイド配合。

のんの耳もカビ系(マラセチア)か?


うどん粉病もカビの仲間。

う~ん にっくきカビめ!





スポンサーサイト
2009.04.20 20:54 | Comment(2) | Trackback(0) | 雑記 | Edit
Title:
本当にしつこいうどんこですね。
おまけに、超暖冬の影響でしょうか、毛虫や青虫もとても多いです。
あまりに蔓延するので、とうとう薬をまいてしまいましたが、
これで完璧におさまるとはとても思えません。
うちにあるのはイソジンの消毒薬ですが、試してみようかしら。
株数が少なかったときは、アルコールティッシュでも済んでいたのですが。

のんちゃんのお耳、早くよくなりますように。
2009.04.20 22:16 | URL | ハナ母 #- [ 編集 ]
Title:
ハナ母さん
ハサップアクアも試していますが、残念ながら効果はいまいち・・かしら。

イソジン、真島先生は「外傷用は原虫も殺してしまうほど殺菌力が強いので間違えないように」と書いてありますが・・
濃度の問題かな、と、調べたところ、ポピドンヨードとして、
「キズ薬」  1ml中100mg
「消毒薬」  1ml中 75mg
「うがい薬」 1ml中 70mg
でした。
このくらいなら、傷薬や消毒薬もそれなりに薄めれば使えそうな気がするのですが。
うがい薬は「のど粘膜」に使用するため、濃度の問題だけでなく、作用がやさしく作られているのかもしれません。
うがい薬を使うのが無難と思いますが、他で薄めにして試してみる価値はあると思います。
それから、私は筆を使いましたが、素手またはビニール手袋をはめた指先で葉や蕾を挟み軽く押さえるとよいそうですよ。
このほうが、面倒でないですね。

うどんこもそうですが、のんの耳も、日によって気温の上下、変化の激しいときがよくないようです。
2009.04.21 00:12 | URL | のん母 #nn2s4Z0M [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL:

    (copyボタンはIEのみ有効です
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。