スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | Edit

のん父さんの奇跡

昨日の続きです

2/8
あまりに目を覚まさないので不安になる。
深夜には一瞬呼吸が止まり、鼓動も弱まった瞬間があった。
翌日の受診を待てずに
夜、家でのん父さんが皮下点滴。
居間のソファに抱っこして。二人で見守りながら、効いてくれることを祈って。
針を刺しても全く反応なし。くたっとした体。 
点滴をしている間もまったく動かず、軽くいびきをかき、寝ているばかり。


2/9
朝、一瞬目を覚まし、首を上げる。 
驚くことに 立ち上がり、排便、排尿時に踏ん張るポーズを取る。
支えてやりながら室内をよろめきながら数歩歩き 排便。
慌てていたので オムツをはずしてやれなかったのが悔やまれる。
下痢だったので、尻尾通し用の穴からぽたぽたと出てしまい、不快だったろう。
昨日の補液が効いたのか と一瞬喜んだが、
その後はまたすぐ寝入ってしまい、
さらに傾眠が強まる。

4日目に入るが、口からは一切水分も取れていない
ただの食欲不振や脱水でぐったりしているとは思えない
前庭疾患後に寝入っているにしては長すぎる。
脳になにか異常があったのではないか?


のんを見ながら、のん父さんと話し合う。
補液や投薬ははたしてどこまで有効か。
それによって、回復は望めるものなのか。


2/9夕方 のん父さんも一緒に先生にご報告に。
待合で待っていると、のん父さんの電話が鳴り、外傷の緊急呼び出し。
のんと私を残し(診察が終わったらまた来る と)戻る。

のん父さんにも付いていてほしかったが、先生とは私が話す。
家で、本犬にとって無理ない方向で見ていきたい旨を伝える。
それに対する先生の反応も淡々としたもので 
ああ、やっぱりな・・と。

補液の必要性について尋ねると

「口からあまりに取れない場合、補液はした方が犬の体が楽です

その方が緩やかに低下していきます。」

この言葉で 再び ああ やはり と思いました。


お財布と車ごと帰ってしまったのん父さんが仕事を終え戻ってくるまで、待合室で待たねばなりません。
元気な頃は歩いてきたこともある病院でしたが、毛布にくるみ、体の力もないのんを抱きかかえたまま、寒い中を歩いて帰るのはあまりにつらいですから。

待っている間、スタッフや来院した方は、さぞかし気まずく間がもたなかったことでしょう。

病院の帰り、よく行った公園に寄りました。誰にも会えませんでした。
のん父さんと代わる代わるのんを抱いて写真を撮りました。
帰り道、抱いていたのんがグーッと足を突っ張りました。
家に帰ると膝が濡れていました。 オシッコをしたんだね

父と公園

母と公園
のん父さんの抱っこの方が 心地よさそうです。
のん母の抱き方だと首がガクッとなってしまいます。 ごめんね のんちゃん。



前の晩の点滴、
のん父さんは、のん母の気持ちを考えて、のんを引き止めてくれたのだ と

まさに 三途の川を渡ろうとしていたところを一旦引き戻してくれたと思いました。


9日朝の排泄後、体をきれいにしてすぐのことです
丁度のん父さんが部屋に入ってきました。
のんは、首を上げました
首を上げ、のん父さんを見つめる目はとてもしっかりしていました。


その時の写真があります。

130314nikki.jpg


これがのんが目を覚ました、目を開けてくれた最後の写真となりました。


次の瞬間には寝入ってしまいましたが、
130314nikki2.jpg
それから ずっと このように
とても気持ちよさそうに、幸せそうな顔で寝ていました。



のん父さん ありがとう
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2013.03.14 19:30 | Comment(6) | Trackback(0) | 家族 | Edit
Title:
のんちゃんの記録、きちんと読ませていただいています。
前記事の写真も全部拝見しました。
のんちゃんも頑張りましたし、のん父さんも頑張りましたね。
もちろんのん母さんも!
こんなこと書いたら失礼かもしれませんが、
最後ののんちゃんが寝ている写真、本当にとても幸せそうにふくふくして見えます。
抱っこの写真もとてもかわいいと言ったらダメでしょうか?
2013.03.14 21:10 | URL | ハナマイヤー #1Nt04ABk [ 編集 ]
Title:ハナマイヤー さん
読んでくださり、ありがとうございます。
土曜日の夕方で、のん父さんについていってもらいました。
あのころはまだ寒かったですね~
ふくふくして可愛いでしょう!
どんどん褒めてください(親ばか~)
毛のおかげもあるけれど、ふっくらしていたんですよ。
ストックがあったから、一ヶ月もったのかな。

2013.03.15 20:28 | URL | のん母 #nn2s4Z0M [ 編集 ]
Title:
前記事から私もしっかりと読ませて頂きました。
のんちゃんは精一杯頑張りましたね。
きっと母さんとのん父さんと一緒だったから頑張れたんですね。本当に立派です。

のん母さんとのん父さんに抱っこされているのんちゃんとっても嬉しそうな顔をしてますね。
笑っているように私にも見えますよ。
寝顔もとても幸せそう。そう、じゃなくて幸せだったんですよ。
とても素敵な写真だと私は思いました。
そんな写真を見せて頂けて嬉しいです。
2013.03.15 22:18 | URL | ミッチー #- [ 編集 ]
Title:ミッチー さん
読んでくださり、ありがとうございます。
のんはいつも一生懸命だったと思います。
いや、犬は皆そうです。
人間の方はずいぶん揺れ動いたり、おろおろしてました。
おろおろぶりも正直に書かねば、と思っています。
苦しむ様子があまりなかったのが救いです。
2013.03.16 23:45 | URL | のん母 #nn2s4Z0M [ 編集 ]
Title:
のんちゃんのしっかり目を開けて、のん父さんを見てる写真・・・
きっとこの目に、のん父さんとのん母さんの姿を焼き付けていたんだと思いますe-263
真っ直ぐな目がたまりません・・

紹介されてる写真を見ても、本当にのんちゃんは
幸せな犬生だったと思います。
そして飼い主である私達も、わんこからたくさんの幸せを
もらってたんですよね。

2013.03.17 14:05 | URL | chobipon #GPAZKWNo [ 編集 ]
Title:chobipon さん
これ、ほんの一瞬で、本当によく撮れたと思うんですよ。

毎日いい犬だったねー、幸せだったねー と のん父さんともいっぱい話しています。

そろそろ写真も交えて明るく思い出を語っていかたらなーと思っています。
2013.03.17 23:18 | URL | のん母 #nn2s4Z0M [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL:

    (copyボタンはIEのみ有効です
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。