スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | Edit

訂正

先日の
お詫びです
に コメントを寄せてくださった ひよまん。さん のご指摘で
のん母 また とんでもない勘違いをしていたことが分かりました。
 
突発性前庭疾患」
ではなく
特発性前庭疾患」
でした。

以下 ひよまん。さんのコメントより 引用
【特発性】特別な原因が見当たらないのに発病すること。原因不明な。
【突発性】突然発生すること。

意味は特発性の方ととらえていたのですが、
「とっぱつせい」で変換していました。
「とくはつせい」ですよね。。。

ご指摘を受けて、早速訂正いたしました(まだ漏れがあるかも)


無知の上に、はやとちりや勘違いも多いのん母です。

このようなご指摘はとてもありがたいです。

ひよまん。さん、感謝です!


皆さんも気が付いたことがあったらどんどん言ってくださいね~
スポンサーサイト
2013.03.19 19:12 | Comment(4) | Trackback(0) | 健康 | Edit
Title:
ああ、こういう勘違いありますあります!
頭ではわかってるのに何故か大間違い、みたいな。
こうやって指摘していただくのって有難いですよね。

ロバのんちゃん、いただいてる写真は、
http://blog-imgs-54.fc2.com/h/a/n/hanamaiya/non1.jpg
http://blog-imgs-54.fc2.com/h/a/n/hanamaiya/non2.jpg
の2枚です。
たぶんこの耳の様子がロバっぽいと書かれていたような。
この写真のときのブログは、のん母さんが何かポカをして、
のんちゃん呆れる~みたいなお話だったと思います。

あと、記事も1つだけですが見つけましたよ。
http://n1000to.blog14.fc2.com/blog-entry-605.html
のん母さん、コメ返しで「ロバのんちゃん」とおっしゃってますよ^^
2013.03.19 20:21 | URL | ハナマイヤー #1Nt04ABk [ 編集 ]
Title:
とてもありがたいことです。
個人のブログにはどうしても肯定的な好意的な感想が寄せられますよね。
明らかな間違いの指摘だけでなく、否定的な意見や、不快な感想を抱く人も当然いるという認識を常にもっていかねば、と思います。

思い出しました!
わざわざ探してくださって、ありがとうございます~

2013.03.20 11:31 | URL | のん母 #nn2s4Z0M [ 編集 ]
Title:なんだか すみません・・・
実は私もぶんの病名を告げられてた時
突発性前提疾患だとおもって ネットでずっと
検索してましたが なんだか違う・・・。
その後先生がまた病名を言われたときに
特発性前提疾患だと確認しました。汗
けどもしかするとのんちゃんは突発性なのかもしれないと
思いましたので あんな書き方に・・・。
気分を害してないですか? 申し訳ないです。┌○ペコリ
あのころは私自身が 突発性難聴になったばかりのころで
大きな勘違いをしていました。汗
どちらにしてものんちゃんは のん母さんやご家族に愛されて
本当に幸せな日々でしたね。(^-^)
あ・・・それと のんちゃんの死亡届を出されたという記事を読んで
私も検索してテンプレートを印刷して動物愛護センターにFAXしました。
悲しいけど生きた証としての 死亡届ですね。
2013.03.21 14:30 | URL | ひよまん。 #HfMzn2gY [ 編集 ]
Title:ひよまん。さん
気分を害する、なんて そんなことは ま~ったくありませんよ。
言葉を選んでやさしく教えてくださったと、感謝していますよ。
説明も付けてくださって、それでまた自分がどう間違えていたか、分かりやすくって、とてもよかったです。

指摘してくださらなければ、ずっとそのまま使っていました。
そんなに影響力のあるブログとは思っていませんが、ひょっと検索してまた「突発性」と勘違いする人があってもいけません、ということで あえてこの「訂正」記事を上げました。

心から感謝です!


突発性難聴・・大変でしたね。
今はお元気になられたのでしょうか。

そちらの死亡届は愛護センター宛なんですね。
自治体によってまちまちなんですねー。
2013.03.22 12:04 | URL | のん母 #nn2s4Z0M [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL:

    (copyボタンはIEのみ有効です
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。