スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | Edit

カエルさんのピンチ!

昨夜のブロード・キャスター、そして 今朝の新聞にも載っていました。

カエルの感染症 「ツボカビ症」

世界のあちこちで感染がみられ、カエルの絶滅も危惧されています。

カエルは、食物連鎖の中核をなしている動物で、虫を食べ、そして鳥などに捕食されます。(イリオモテヤマネコはカエルを主食とするそうです)
カエルがいなくなると、農作物の害虫が増え、農薬を大量に使わなくてはならなくなり、カエルを食べている鳥たちは餌がなくなり絶滅、もしくは代わりの餌を探してそこで人間との確執が生まれ・・
いずれにせよ生態系に大きな狂いが生じます。

これも、また温暖化の影響か?と思いきや、そうではないようです。
感染源となったのは、主に「アフリカツメガエル」。
実験に多く使われ(宇宙にも行きました)各国に輸出されました。
このカエルはツノカビに耐性があります。
また、アメリカウシガエルやペットの両生類も感染源になったと言われています。

日本ではまだペットのカエルでみつかっただけですが、野生に広がっては大変です。
人間には感染らないので、おかしいと思ったら、すぐに獣医さんに相談し治療することです。
間違っても野に放したりしてはなりません。

動物でも植物でも、ペットであれ実験のためであれ、本来の生息地でないところに連れてくるということにも、よほど慎重にならなくてはならないと、痛感します。

人間というのは、つくづく罪なものだと思います。
天罰が下っているのかもしれません。



水入れ と ワタシ
4500.jpg
鼻の先がポチッと白くなりました。
カビじゃないよ。
スポンサーサイト
2007.02.18 20:48 | Comment(2) | Trackback(1) | 雑記 | Edit
Title:ケロリ
オジョーサマが、鼻にカビ生やしちゃイケマセンね。

カエルの話、数日前、新聞でちらっと見ました。
そういうことだったんですね、解説ありがとうございます。
ペットのカエル・・・!?
やっぱり、ついて歩いたりするんだろうか・・・
2007.02.19 09:54 | URL | ふくねこ #- [ 編集 ]
Title:カビは強いですから
カビといっても、これは、カエルさんを死にいたらしめる恐ろしいもの。
南米やアフリカ産のめずらしいカエルさんが、ペットになるみたいです。
TVに出たペットショップでは、「ウチは自家繁殖なので大丈夫」みたいなことを言っていましたが、一度広がったら、今野にいるカエルさんたちがひとたまりもないわけで。
日本では去年12月に感染が確認されたばかりだそうですよ。

業者とともに、生き物を飼う人は、最低限その生き物の病気を(新しい病気も)知らなくてはならないと思いました。
2007.02.19 20:10 | URL | のん母 #nn2s4Z0M [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL:

    (copyボタンはIEのみ有効です
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カエルカエル(蛙)とは、脊椎動物亜門・両生綱・カエル目(無尾目)に分類される動物の総称。古称としてかわず(歴史的仮名遣|旧かな表記では「かはづ」)などがある。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- Hi

ペットあれこれ | 2007.07.30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。