スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | Edit

我が家の薔薇

よくわからないまま、二鉢購入。

「ファースト・レディ」
4997.jpg
「ヒラリー」もつくとは知らなかった・・・

「ディスティニー」
4995.jpg


とりあえず、大きさと色で選んで・・。
相談員のおっちゃん、あまり教えてくれず、一般的な説明の紙を ほいっとくれただけ。


今朝になってみると、ディスティニーさんが・・
5000.jpg


さらに
5002.jpg
ぐんぐん色づいて開花!
このように劇的な変化をするから、まさに運命的
「ディスティニー」・・・ なるほど。
(よく見ると、札にはしっかり色づいた花の写真が・・・)


ふたつとも遠目にはあまり大きさの変わらない同じようなピンクになってしまいました。
クリーム色の小ぶりなつる薔薇と迷ったんだけれどなぁ・・(二鉢で2000円とお得だったのね)。
また欲しくなっちゃうなぁ・・。

スポンサーサイト
2007.05.21 11:29 | Comment(4) | Trackback(0) | 未分類 | Edit
Title:
バラは大好きです。
でもそれなりにちゃんと手をかけてあげないと、花が付かへんかったり・・・虫や病気にやられたり・・・i-182
昨日も毛虫発見!
でもやっぱり惹かれて買ってしまう私です。
ディストニー、一粒で二度?いや三度美味しいですね~!i-236
二鉢で2000円はお買い得ですね!
我が家のバラも咲き始めましたよ。
ところでクイズの答えは、今夜が締め切りなので、明日発表しますね~
楽しみに待っててくださいね!
2007.05.21 14:12 | URL | chobipon #GPAZKWNo [ 編集 ]
Title:
すてきなバラをお買いでしたね。
ヒラリー(!)さんのひらひらピンクも美しいし、
デスティニーは、色の変化もですが、丸弁のひらひらがすてき。
どちらもハイブリッドティー(1枝に立派な花が1つ咲く)タイプなのでしょうか。
うちはオールドローズが主なので、こまかい花がふわふわ咲いています。
そのうち、もっといろいろな種類が欲しくなってしまうことは絶対保証いたします(笑)
2007.05.21 15:02 | URL | ハナ母 #- [ 編集 ]
Title:
我が家のバラたちも元気ですよ(あんずさんのサイトの掲示板に
載せてもらいました)。
冬にせっせと世話をしたので、満開です。
でも油断するとすぐ病気にムシムシさんですね。ベニカXをかけまくっています。

ところで先日の子猫ちゃんですが、亡くなったそうです。
拾おうとした私に父が言ったこと、
「病気だから母猫が放棄したんだ。やめなさい」
は正しい言葉だったのかしら。残念です。
2007.05.21 19:41 | URL | まだら犬 #1Nt04ABk [ 編集 ]
Title:
>chobiponさん
そうですよねー、虫や病気の世話が大変そう・・。
春は土いじりがしたくなります。
暑くなる夏が勝負かな。

クイズ、どうかなー。 ちょっと短かった? ポン太君に失礼だったかな?

>ハナ母さん
そうですね、ティーローズというもののようですねー、後でわかりました。
予備知識もないままに、買ってきてしましまい、これから鉢や土などを慌てて揃えます。
のんがいるところには植えられないので、塀際に鉢植えで。
スペースは限られています。
またいろいろ教えてくださいね。

>まだら犬さん
そうそう、あんずさんのBBS,実は見てました。
すばらしい薔薇があるんですね。お庭も広そう。
ふむふむ、ベニカXですね。
まだら犬さんは、薔薇はどこで購入されますか?
いろいろ教えていただきたいですーー。

猫ちゃん、残念でした。
お父様のおっしゃったこと・・私もその意見にはうなづけます。
弱いものは生き残れないというのが、自然の摂理、法則。
動物は本能的に弱い遺伝子を次世代につなげない行動をとる、そんな本能があるもの。
野生動物なら、病気の子を見放したり、乳の飲みの悪い子にはさっさと見切りをつける、そんな人間には残酷に見える行動も、自然の摂理にはかなって・・それぞれの種の一定数の維持にもつながっているのでしょう。
ただ、人間と一緒に暮らすペットとなると話はまたちょっと違ってくると思います。
しかしまた・・野良猫、地域猫の場合は、飼い主がきまっているペットとは違い、地域社会との問題もあり、難しいですが。

私は、じぶんで責任を持って飼うか、きちんと飼ってくれる人を見つけられないなら、手は出さない、可愛がりもしないし、餌をやることもしないです。
まだら犬さんがとられた行動は、病院にも行き、飼い主さんも見つけた・・最善をつくされたことだったと思いますよ。
結果は残念でしたが、それはその子の命、仕方がないことだったのではないでしょうか。

・・・長々と、熱く語ってしまいました・・・
2007.05.21 21:20 | URL | のん母 #nn2s4Z0M [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL:

    (copyボタンはIEのみ有効です
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。