スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | Edit

ねこばち

「ねこなべ」 ならぬ 「ねこばち」
20071115221110.jpg
(何も植えていない)プランターの上でウトウト、丸まっています。

春に生まれた この子。
この子のお母さんは、この秋また3匹の子を産みました。

子猫はだいぶ大きくなり、ちょろちょろと動き回り、お母さんの側を離れることも多くなりました。
近所の庭に迷い込み、家の人が子猫に近づいたところ、母猫が「シャー!」と、ものすごい形相で威嚇したそうです。
我が家の裏などにも現れますが、私が近づいても、母猫は別に。
私が(子猫に)何もしないのをよく知っているのでしょう。
まだ、怖いものしらずの子猫。うっかりのんのすぐ目の前に現れ、ものすごく(のんに)吠えられたときには、またすぐに飛んできて 後ろから「戻りなさい!」と、教えていました。
高い塀や屋根の上から、子猫を見守り、夜には、そこここから ちょっと遊びに出た子猫たちを「もう、もどっておいで」と呼ぶ声が聞こえます。

母親は無償の愛をそそぎ、一生懸命子を育て守っています。
この猫たちに罪はない。なんとか地域猫として共存していけるとよいのですが。
平和な共存を願うなら、つかまえて不妊手術をうけさせるべきでしょうか。

暖を求めて 車の上に乗ったり、子猫に乳や食事を与えるために生ゴミを漁るなどということも出てきました。
一匹だけ(プランターの子)には餌をやっていたお宅も、新しい子猫にまでは・・というのでしょうか、高めの柵を作って子猫が入れないようにしてしまいました。

私は「何もしない」。

この猫たちをみているうちに可愛いと思うようになり、けなげに生きる姿には心を打たれもします。
だけど、私には責任を持って最後までこの子達を飼ってやることはできません。
だから、餌をやったり必要以上に可愛がったりすることもしません。
なんとか 皆にいじめられずに、無事に生きていってほしい。
それを ただ見守っていたいというのは、虫のいいはなしでしょうか。

スポンサーサイト
2007.11.15 22:50 | Comment(2) | Trackback(0) | 雑記 | Edit
Title:
猫は、とてもステキな動物です。

のん母さんが「何もしない」「ただ見守っていたい」のは、ごくごく普通のこと。だって、可愛いんだもの。
母猫の母性に魅せられたように、「なんとかしなきゃ!」と、思ったとき、本能のおもむくまま行動すればいいと思います。
猫も、それを望んでるんじゃないかな。

私はゴミ漁りをしていたしろ太に、ゴミ集積所が荒れて困ると思ったわけではなく、ゴミを食べていてはこの猫の健康によろしくないと思い、正しい(?)ゴハンをあげるようになりました。それがハジマリね。

猫のほうが、コチラがどうしたら良いのか教えてくれますよ。
そのときにそうすればいいと思います。

2007.11.16 20:06 | URL | ふくねこ #- [ 編集 ]
Title:
そうですね、
猫は不思議な生き物です。
何も言わなくとも、こちらの心がわかるみたいです。
「ごめんね、可愛がるわけにはいかないの」と言うと、スッと行っちゃいました。でも次の日からもなんとなくその辺にはいます。
今のところは、毛つやもよく、健康なようです。
2007.11.17 22:31 | URL | のん母 #nn2s4Z0M [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL:

    (copyボタンはIEのみ有効です
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。