スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | Edit

最初の一鉢

お天気が崩れる前に撮った
デスティニー 
去年5月、まだバラのなにも分からないときに「鶴舞公園」バラ園へ行き、やはり何もわからないまま販売会で買った一鉢です。

朝の色 
des asa

夕方には 日に焼けたように こんな色に変わります。 
des yu

さらに時間をおいて深い色に変化。
この色は、明るい陽の元で見てもなかなかですが、日暮れた頃に、またしっとりと深く違った味わいです。



自然に近い庭作りを取り入れたく、本を買いました。 特に新しい本ではありませんが。
本

「ローズガーデン」の方は、眺めてウットリ~

「虫」の本は 眺めては・・私は平気ですが、虫嫌いの方には鳥肌ものの写真が一杯。
でも、虫の習性を利用した共生、やさしい駆除のしかたなど、なかなか興味深く面白い本です。

梅雨を前に、一つ気に入った例を紹介すると
「ナメクジも、わざわざ遠いところや高いところへ登らなくても手近なところに餌があれば、そこですませてくれるだろう。」
ということで、雑草を見苦しくない程度に残して、大切な草花の代わりにナメクジに与えましょう という具合。
う~ん、実にのん母向きな考え方です!


スポンサーサイト
2008.05.19 22:04 | Comment(2) | Trackback(0) | 雑記 | Edit
Title:
私の最初の一鉢は、名前は不明ですが、濃いローズピンクの花びらに金色のしべがきれいなガリカでした。まだ小さかったハナを抱っこして行った近所のクラシックローズ展で、母へのプレゼントとして買ったもので、2000年5月、8年前でした。その時点では、まさか自分がはまるとは思いませんでしたが(笑)。

いい本を紹介していただきました。検索したら、同じ著者の『無農薬の庭づくり』というのを見つけました。虫の本もおもしろそうですが、まずはそちらのほうを読んでみようかと思います。
2008.05.19 23:32 | URL | ハナ母 #- [ 編集 ]
Title:
8年前ですか!
小さかったハナちゃんが大きくなり、今はバラであふれるお庭ですね。

今思えば、販売会にあったのはティータイプの現代バラが多かったのかなー。

アマゾンで買いました。
虫の本は書店で。
虫図鑑としても 楽しんでいます。
2008.05.20 23:19 | URL | のん母 #nn2s4Z0M [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL:

    (copyボタンはIEのみ有効です
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。