スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | Edit

古風な・・

シューマン Faschingsschwank aus Wien Opus26 より 「Allegro」、「Intermezzo」 終わりました。

今までは、すべて先生に曲を選んでいただいていましたが、次の曲は のん母が決めることになりました。

やりたい曲なんて、たくさんありすぎて決められませんが、決めました。

Ravel の 「Menuet Antique」
譜読み、楽しいです!

発表会後お休みしていた練習曲としてのTschaikowsky,  Die Jahreszeiten も再開。
季節違いですが、September(Jagdlied)
残り3曲(2,4,7)となりました。


これまで どれだけ弾いてきて、この先何曲弾くことができるでしょうか。



527ブ



更紗(司)ウツギ
utugi08.jpg


つかさうつぎ
スポンサーサイト
2008.05.27 20:51 | Comment(2) | Trackback(0) | ピアノ | Edit
Title:
ラヴェルの譜面って、頭の中の特別な場所が刺激されるような感じがしますね♪
私も、昔のように、毎日ピアノが弾けるようになりたいです(きっといつか)。

ところで、例の土鍋の件ですが、あれでよかったですか?
もしかして、石焼き壺のほうだったかなと後で思いまして。
2008.05.28 21:13 | URL | ハナ母 #- [ 編集 ]
Title:
>頭の中の特別な場所が刺激される
ああ そうです、そうなんです!
まさにその感覚なんですね、ハマルのは。
最初の和音でカツーンときました。

夕方の時間はもっと夕飯や家のことに割くべきでしょうが・・そちらを手を抜いてピアノの時間を確保することばかり考えています。。

この頃シンプルに素材を楽しんだもの、とくに野菜が食べたくて。
いろいろな蒸し料理が出来そうな土鍋がいいな、と思っておりました。
コンパクトで手軽に扱えそうなものがよいので、まさにあれが当たり! です。
ありがとうございます。
2008.05.28 23:08 | URL | のん母 #nn2s4Z0M [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL:

    (copyボタンはIEのみ有効です
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。